無料ブログとWordPressの違い

WordPressをすでに利用されているかたには、理解しやすいお話です。ただ、WordPressに初めて触れる人には、知っておいてもらいたいWordPressの特徴をお話します。

こんばんは。一人で頑張る人を応援したい、ブランドジャーナリストの傍嶋恵子です。

WordPressは単なるブログではない

WordPressは、ブラウザ上で利用できるCMSツールですが、これは、無料ブログのそれと同等な機能を備えています。

だから、WordPress=ブログ、という認識を持っている人は少なくありません。でも、ちょっと違います。

厳密にいうと、WordPressは、ブログ形式のサイトを作ることができますが、コーポレイトサイトのように、一般的なWebサイトを作りあげる機能をしっかりと備えています。

最近は、「WordPress」という言葉が先行しているので、実際よくわからずに使っている人も多いかもしれませんね。

「固定ページ」のタイトルが、そのままメニューになる!

で、無料ブログと何が違うかというと、「固定ページ」が存在するということです。

一般的に、ブログの記事を書くことを「投稿」といって、ブラウザで書いた情報がすぐにWebに反映されるしくみです。これを、「投稿ページ」と呼んでいます。

で、WordPressでは、この投稿ページとは別に、「固定ページ」が存在します。

「固定ページ」は、いわゆる、不動な情報を常に提示しておくために利用するページです。

なんだそれだけか。だったら、投稿で「カテゴリー」に分ければいいじゃんか、という話とは違います。

固定ページのすごいところは、次の通りです。

  • ページ階層を作ることができる
    ページの親子関係を設定することができます。トップ層にしたい固定ページを「親」とし、そこにぶら下がるコンテンツの属性を、「子」に設定することで、一連のページ階層ができます。投稿ページではこれができません。
  • 固定ページのタイトルがメニューになる
    固定ページ同士で設定した親子関係がそのままメニューとして設定させることができる。

一般的なWebサイトでは、「メニュー」というくくりの項目があります。たとえばコーポレートサイトでは、「商品一覧」、「サポートメニュー」、「会社概要」、「店舗一覧」といったメニューが画面上部などに並んでいるはずです。

このメニューそのものを、固定ページの「タイトル」と「階層設定」で簡単に作ることができるということです。

わざわざ「メニュー」という項目を作って、そこにページをいちいちリンクしていくという昔ながらのWebサイト構築と違い、WordPressの使い勝手は、ビギナーにもやさしくできるようになっています。

しくみさえ知れば、それほど難しい作業ではありません。

こういった大きな違いがあるので、WordPressは単なるブログサイトではありませんね。

kotei